2014.01.31

兵庫県産小麦の試食会を開催しました!

1月21日(火)当社にて兵庫県産小麦の試食会を開催しました。この試食会は毎年恒例で行っており、兵庫県下の行政、研究者、生産者、加工業者の皆様にご参加いただきました。本年は山口県、広島県の研究者の皆様にもご参加いただき、例年にも増して活気を帯びた会となりました。
はじめに、当社業務部次長の野口征浩より平成25年産小麦の品質について報告し、続いて兵庫県農業技術センター主任研究員の岩井正志様より生育過程についてのご説明をいただきました。
試食会では、兵庫県産小麦を使ったパン、麺、菓子などをご提供し、品種や栽培方法による味や食感の違いをご評価いただきました。また、広島県産「キヌヒメ」を使ったお菓子も提供いたしました。
閉会の挨拶では、兵庫県パン協同組合理事長の西川隆雄様より、「これからのパン屋には、県産小麦で作ったパンを子供たちに食べてほしい、という熱い思いがなければならない。」というお言葉をいただき、盛会のうちに終了いたしました。

食パン_南入り

兵庫県産小麦でつくった食パンを食べ比べ。

素麺

せときらら、中国162号で試作した素麺。

ロールケーキ

国内産小麦100%の薄力粉「内麦ゴールド」と広島県産キヌヒメで作ったロールケーキ。

西川社長挨拶

最後に、兵庫県パン協同組合の西川理事長にご挨拶頂きました。

戻る