2017.10.20

平成29年度製菓技術講習会(本社会場)(2017年10月4日開催)

  • LINEで送る

先日9月26日の専修学校日本菓子専門学校に引き続き、10月4日(水)、当社加工技術センターにて製菓技術講習会を開催致しました。
宝笠印小麦粉、その他当社小麦粉の魅力を広く知っていただくため、講師には宝笠シリーズを含む当社小麦粉ユーザーであるパティスリーエチエンヌ オーナーシェフ藤本智美(ふじもととしみ)様をお招きしました。

藤本オーナーシェフ経歴

1900年 横浜プリンスホテルに入社
1999年 第7回内海杯技術コンクール優勝
2000年 フランス「アルパジョンコンクール」ピエスアーティスティック部門優勝
2003年 グランハイアット東京ペストリー副料理長に就任
2006年 ペストリー料理長に就任
「第10回クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2007」日本予選アントルメショコラと飴細工のピエスモンテ部門にて優勝
2007年 洋菓子世界大会の最高峰である「第10回クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2007」総合優勝
2011年 神奈川県新百合ヶ丘「パティスリー・エチエンヌ」開業
2012年 日本洋菓子協会連合会指導委員に就任、現在に至る
藤本シェフ補正_トリミング
武政社長挨拶補正

はじめに当社代表取締役社長の武政亮佐より、この度フルラインナップした、宝笠印小麦粉シリーズ10㎏袋の今後のニーズと利便性の紹介と共に開会の挨拶を行いました。

藤本オーナーシェフにより、1ショートケーキ、2スフレ・フロマージュ、3クッキーバニラ、4フロマージュサブレ、5アマレナショコラ、6抹茶ケーキ、7遊羽ロール(ロールケーキ)の7品目の実演と使用観点をご説明いただきました。

受講者の皆様には、小麦粉の組み合わせによってできる、さまざまな食感、くちどけ感の違いを感じていただき、新しいイメージをもっていただけたようです。早速、サンプルのご依頼もいただきテストを行いたいとのお声もいただいております。

ケーキ
藤本シェフ補正②_トリミング

さらに、藤本オーナーシェフの仕事に対する思いや、従業員の方との取り組みなどオーナーとしてのお話しもしていただき、皆様にご好評いただきました。

また、藤本オーナーシェフとも親睦が深く、「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2017」で準優勝されました、株式会社シュゼットのシェフ 駒井崇宏様にも、ご厚意によりアシスタントとしてご参加いただき、飴細工を実演いただきました。

駒井シェフ補正_トリミング

最後に、当社常務取締役営業本部長 伊藤勇より挨拶を行い、盛会のうちに終了致しました。
今後も実際にご使用いただいている方の目線で、宝笠印小麦粉を核とする当社小麦粉の魅力をお伝えするべく様々な講習会を企画してまいりますので、どうぞご期待ください。

2017.10.03

平成29年度製菓技術講習会(東京会場)(2017年9月26日開催)

  • LINEで送る

9月26日(火)、日本菓子専門学校の教室をお借りして当社主催の製菓技術講習会を開催致しました。
宝笠印小麦粉をはじめとした当社小麦粉の魅力を広く知っていただくため、宝笠シリーズを含む当社小麦粉ユーザーであるパティスリーエチエンヌ オーナーシェフ藤本智美(ふじもととしみ)様に講師をお願いさせていただきました。

はじめに当社代表取締役社長の武政亮佐より開会の挨拶を行いました。 

その後に、会場をお借りしており、その他様々な面でご協力いただいている日本菓子専門学校 校長秋田勝様よりご挨拶と日本菓子専門学校と当社との永いお付き合いの歴史のご説明をいただきました。

製菓技術講習では、パティスリーエチエンヌ オーナーシェフ藤本智美様により、1ショートケーキ、2スフレ・フロマージュ、3クッキーバニラ、4フロマージュサブレ、5アマレナショコラ、6抹茶ケーキ、7遊羽ロール(ロールケーキ)の7品目の実演と使用観点をご説明いただきました。

藤本オーナーシェフの発想や製菓のみならず普段よりのポリシーなども語っていただけ皆様にご好評いただきました。

受講者の皆様には、焼き菓子への使用の他の小麦粉との組み合わせなど新しいイメージをもっていただけたようです。早速、テストを行いたいとのお声もいただいております。
最後に東京支店長の長谷川淳より挨拶を行い、盛会のうちに終了致しました。

今後も実際にご使用いただいている方の目線で、宝笠印小麦粉をはじめとした当社小麦粉の魅力をお伝えするべく様々な講習会を企画してまいりますので、どうぞご期待ください。